SERVICEレーザークリーニング・レーザー溶接

レーザークリーニングとは

レーザークリーニングとは、100wの高エネルギー密度の極短パルスを物質に照射することで、サビや汚れ、塗装や樹脂などを母体を傷つけずに除去できる洗浄機器です。当社が扱うレーザークリーナーは、ポータブルなハンドヘルド型です。ケーブル長が5mあるため、天井についたサビなども除去することができます。

レーザークリーナーの適用例

金属のサビ、汚れ、塗装など母材を傷つけたくないデリケートな箇所に最適です。

従来の洗浄機器との比較

洗浄方法 サンドブラスト 高圧水による洗浄 レーザークリーナー

メリット

剥離する力が最も強い

粉塵の量を低減できる

非接触のため母材が傷つかない

デメリット

産廃量が多い

水処理、洗浄後のサビ

初期投資費が高い

レーザークリーナー デモ動画

レーザークリーニング 実例

スプレー塗装のクリーニング事例 (母材を傷めず塗装だけ剥離)

チェーンなどの複雑な形状もクリーニング可能です

サビも除去可能です

木材のような柔らかい母材でも傷つけずに除去します

塗装も油膜も除去可能です

レーザー溶接とは

強力なレーザー光を照射することで、瞬間的に数千度のレベルで金属を超高温化することで金属の特性を引き出し、母材と同等の溶接材によって合金化することが可能です。異種金属間も可能で、硬度の変化もほとんどありません。

レーザー溶接の特長

  1. 軽量化

    薄板の突合わせ溶接や重ね溶接が可能です。
    事例として、自動車産業における軽量化があげられます。

  2. 高精度化

    ひずみが少ない特徴から高精度の溶接が可能になります。
    事例として、携帯機器の電池ケースなどに利用されています。

  3. 複雑構造物の溶接

    溶接部以外の熱影響や熱ひずみが少ないことから複雑構造物の溶接が可能です。事例として、医療機器分野に利用されています。

  4. 難溶接材や異材の溶接

    アルミニウムやチタンなどの溶接が可能となります。
    事例として、自動車のドア部分では、異なる材質・板厚材をレーザ溶接してからプレス加工する新しい工法が実現しています。

  5. コストダウン

    後加工、仕上げの必要がないこと、溶接の高速化による時間短縮からコストダウンが可能です。

他の機器を見る

お気軽にお問い合わせ/お見積もりご相談ください

  • お電話からのお問い合わせはこちら

    TEL 0794-86-7151
    営業時間/9:00-18:00(土日祝除く)

  • ウェブからのお問い合わせはこちら

    フォームからお問い合わせ24時間受付中!お気軽にお問い合わせ下さい。

Copyright(c) 2015- イデア All Rights Reserved.